映画はひとりで

映画を見るのは一人のほうが気楽です。
同じ趣味の友人と行くこともありますが、
見終わったあと率直な感想を言うのが苦手なんですよね。

テーマは共通の好みだと分かっていても、
本当によかったと思っているのかどうか…。
相手の本心を探りながら感想を言う癖がついています。

そこで、夫となら趣味も分かっているし、
思った感想にズレがあっても構わない、気も遣わないから大丈夫!
と思ったのですが、…そうでもありません。

以前、ある映画を一緒に見に行きました。
邦画で、私は主演男優のファン、夫は主演女優のファン。
二人で行けばちょうどいい、はずでした。
が、映画が始まってしばらくしてから
「しまった~!一緒に来なければよかったなぁ。」と感じるようになってきたのです。

出演者はよかったのですが、半分ファンタジーが入ったようなストーリー。
突拍子もないことが起こったり、想像の世界が入ったりする設定で、
夫はあまり好きではないだろうな、と分かってしまったからです。

思い過ごしであればよかったですが、
場内で笑いが起きている場面でも、
隣に座っている夫は笑っている様子がありません。
結局ストーリーには関係のない「夫の反応」が気になってしまって、
映画に集中できませんでした。

「今度からはやっぱり一人で見に行こう」と思っていますが、
人それぞれどんなふうに感じるかは個人の自由ですし、
見た映画の感想を話すのも、やはり楽しみではあります。

自分なりに考え、学習した結果、
私と夫が同じ映画を別々に見に行って、あとで感想を話し合う。
それが私にとって最適な方法では?という結論に達しました。
今のところ、それでうまくいっています。

«
»