最近の私の企みと主人へのプレゼント

出かけるとどうしても外食したくなってしまう私。
いつも地味な自分のご飯を食べているとついつい土日くらいは他の人が作ったご飯を食べたいと思ってしまうぐうたらな主婦です。
そんな私の主人はすごくいい人で土曜日は結構ご飯を作ってくれます。

外食が面倒なのか、家が好きなのかわかりませんが、率先して作ってくれるので甘えてしまう私。
最近では食べたいメニューを注文するくらい図々しくなった私。
インターネットでレシピを調べるようにまでなった主人の料理の腕前は結構美味しいものを作ってくれます。
それが自分ではあまり作ったことのない様な料理や味付けをするので、私自身の勉強にもなります。

レパートリーも増え、和洋中の料理ができるようになると、やはり食べることも一層楽しくなるようです。
外食する時に「これは何を使ってこのような味が出せているんだろうね。」と言うようになりました。
私はそんなことあまり考えたことがなかったので、すごくびっくりして主人のことを見たのでしょう。
主人は「なんかおかしなことを言った?」と言って、食事を続けましたが、凝り性の主人はもしかしたらこの先もっともっと料理がうまくなるかもしれないと思った私。

もうこれはいい人と結婚したなとその瞬間実感した私はきっとこれからも土日にどんどん台所に立っていただいて、私の仕事から主人の仕事へシフトチェンジしていきたいと企んでいます。
褒め殺しても自分が納得しないとなかなかやる気が出ない凝り性の主人はそのうちきっと私よりもいい腕を持って、子どもたちに正確で豊かな味覚を作ってくれるだろうと期待してしまいます。
次の主人の誕生日プレゼントはレシピ本と鍋を贈ろうかと考えています。
もう台所は私の城ではなく、主人の城になることは間違いなさそうです。

«
»