夫婦

友達と、「結婚したいね」と話すことが多くなった。
元々全く結婚願望がなかったのだが、あるきっかけで簡単に結婚願望が強まってしまったのだった。
まるで、結婚情報紙の表紙に踊らされる読者のようだが、ささいなきっかけだった。

結婚2年目の友達があまりに幸せそうだからである。
大人になってから出会った彼女はまだ一年の付き合いだ。
最初にあったときは、既婚者だとは思わなかった。

でも、いつもにこやかで華やかな彼女は、アウトドアや三味線など、趣味が多岐にわたっていた。
プライベートが充実しているからこそ、いつもあんな表情なんだと思っていたが、ほどなくして結婚していることを知った。
東京に住んでいたが、ご主人の転勤が決まって引っ越してきたそうだ。

どうやら多趣味もご主人の影響らしく、どうりでゆとりある生活を送っているはずだと納得した。
既婚者は他にもいるので、このときまでは「結婚いいね」くらいの軽い気持ちだった。
しかし、先日彼女と一緒に移動するときに、ご主人が車で迎えに来てくれることになった。

便乗させてもらえて、荷物が多かったので助かる〜と考えながら待っていると、見たことのないような外車で登場した。
大きな車だから駐車場探しに手間取ったと、そういえば以前言っていたが、本当に大きな外車だった。
可愛いタイプの旦那だと自分では言っていたが、お会いしてみると、スポーティーなイケメン!今まで、夫婦で出かけたことや趣味について彼女が色々と話してくれていたが、こんなご主人と一緒ならさぞ楽しいだろうな、と思った。

そして、その車で送ってもらった他の友達とともに、夫婦を見送った後、一気に結婚願望が強まったよね、という意見で一致したのだ。
簡単に願望が強まるほど、絵になる理想の夫婦である。

«