インターネットが使えなかった日々

ある日突然インターネットが使えなくなりました。
以前にも、1日2日使えなくなったことがあったのできっと明日にはなおるだろうと思って我慢していました。
ところが、次の日も次の日もよくなりません。
仕方なく、インターネット会社に電話し修理を頼みました。

ところが、その日一日では原因がわからなかったのです。
インターネットを使って仕事をしていると、1日使えないだけでも焦ります。
期限は迫るし、期限までまだ日にちはあってもどんどん仕事はたまっていきます。
また、インターネットが使えないことを相手にも伝えなければなりません。
ところが、その唯一の手段インターネットが使えないのです。
仕方なく、友達の家に行きメールのチェックをし、期限がせまっていたものだけでも片付けました。
でも、友達の家に何時間も居ずわるわけにもいきません。
必要最低限のことをしたら、失礼しなければなりません。仕方なく、また他の友達の家へ行かせてもらい続きをします。
コンピューターに強い人なら、インターネットカフェなどで仕事をするのかもしれませんが、私はコンピューターに弱いんです。
ですから、いきなり他の人のコンピューターを使おうと思っても使えません。
しかも、インターネットカフェなんかいけば、だれも教えてくれません。
それで、家でインターネットが使えない間友達の家を渡り歩きました。
インターネットが使えなかった日はなんと2週間にもおよびました。
その間、時間もかなり浪費し、友達の家へ行くたびにお菓子をもっていき、そして焦りながら仕事をするという精神的に余裕のない日々をすごしました。
2週間かなり疲れました。

«
»