人生の折り返し地点で思う夢

友人たちと会って話をする時も、年齢と共に内容が変わってきたように思います。
学生の頃は好きな人の話しや将来の夢なんかが多かったですし、20代になると会社の愚痴なども聞くようになりました。

そして30代に突入すると、結婚して子供が生まれる人も多く、育児のことや学校の話し等が中心になりました。
やはり、子供にはできるだけ良い大学に入学して欲しいと願いますし、将来も明るいことを祈ります。
その為には、お金も準備しなければなりませんし、親も子もなかなか忙しいものです。
それと同時に、女性は40代50代に向けて体も変ってくると聞きます。
健康の事や体調の事なんかも、よく話題に上がります。
そして、ふとこれからの事を考えたりするのです。
当たり前ですが、老いることからは逃げられません。
そう思った時、今の生き方が本当に正しいのか考えてしまうこともあるのです。
私は、比較的好き勝手やってきたタイプの人間ですから、やらずに後悔するような経験はほとんどありません。
変った人だと言われながらも、色んなことに挑戦してきたことを、私は良かったと思っています。
これからの人生設計も実は密かに考えています。
やりたいことがあるのです。
その為にはやはりお金も必要になってくるので、節約を心がけています。
ただ、あまりケチケチした暮らしは好きではありませんし、続ける自信もありませんので、それなりと言ったところです。
思い通りに行かないのが人生と言う方もいますが、私はそうは思っていません。
夢や希望を、いくつも現実にしてきた過去があるからです。
結局は自分次第ではないかと思うのです。
恐らく、人生の折り返し地点に立っているであろう私。
この先も、色んなことに挑戦して行きたいと思っています。

«
»